「何でも五七五 年間募集しています 
りんご川柳を募集していますりんごに関すれば、りんごの文字が入らなくてもOK!です。
応募はこの掲示板に書き込んでください(ここクリックして下さい)
 ↑or.メール(ここ)
りんご川柳へはここから入室して下さい。
ハッサクはパンダと同じ只見てるだけ
ぴかぴかの総理はいつも一年生  
3/8
吉田正男さま3/4 
結局は 政局だって 分かっちゃう
谷垣さん 結局何が やりたいの?

福島を 差別の風が 吹きすさぶ
ACの CMばかり 今は昔
AKB 誰が一番 取るのやら  
2012.1.24


若竹一夫6/7 
メタボ腹まさかの時の浮き袋  中ちょうさん5/3 
鳩ぽっぽ 菅進帳に 乗せられる
菅さんに 欲しい所長の 指導力 
富士箱根 盾で守った 静岡茶
 
ベランダの 肩身の狭き こいのぼり
東電の 明日が見えない 道しるべ
6/7
 5/3
だじゃれまん様4/23
 総理殿出たとこ勝負困ります
船頭は何処に居るのか日本丸
この星の慟哭なのか大地震

汚染地へソーラーパネル敷詰める
毒の水汲めども尽きぬ原子井戸
6/7
5/3
4/29
圭子様4/23 
  永田町言った言わない子の喧嘩
故郷のサクラを想う避難先

被災地は電気の怖さと有難味 
6/7
北のクラーク様4/16
北の小熊様4/13 
東電に綴じ蓋が無い廃炉せよ
原子炉よ永久に眠れと水棺化

東電は想定外のレベル7
 石原氏塞翁が馬驕るなよ
4/16
4/15
4/12
 ケイコ様
節電で 一家団欒 呼び戻す
相撲界 泣いて馬ショクの マゲを切る
娘の母校 イメージ変えた 走 攻 守 
4/10
だじゃれまん様4/6 
人呑んだ海はのたりと凪いでいる
 一億の民原子炉のお勉強
4/1
イイジマケイコ様3/31 
被災地で とても云えない 「頑張ろう」
麻生さん これが誠の 未曾有です
菅総理 今度は食べぬ ホウレンソウ
自民党 与党でなくて 良かったね
二人には ノアの箱舟 十日ぶり

近頃の 呪文みたいな コマシャール
風評で 日本食品 つまはじき
自衛隊 見えない敵に 四苦八苦
「北」でさえ お悔やみくれて 罰だとは
本物の セレブが判る 義援金
避難指示 やはり危険な 原発炉
焼肉の 情けの味が 仇となり

ハチ公の 生き様に胸 打った筈
口ばしに テープ貼りたい 鳩ぽっぽ
触れ太鼓 聞こえぬ春の 浪花かな 
3/22
3/17
3/15
3/12
3/8
3/2
2/20

だじゃれまん様2/9 
雲隠れ 別にどうでも エリカ様
柔らちゃん二足の草鞋脱ぎました
逃げ切って50日目で捕獲され
お手をふる殿下の笑顔何隠す 
10/18
10/11
みほこ様10/2 
 マンゴーと 地鶏うったら そのまんま
お静かに 内弁慶では カラの菅
野々宮様10/1 
民主党名前が変わった自民党  よしもん様 8/27
 受精卵 借りて温め 孵化します みほこ様8/27
  太陽(ひ)を肩に月を小脇に山座る 高橋 清様8/9 
魚市場 覚醒剤も売っている  setubiですねん7/16 
想定外 梅雨明け前の 大豪雨
解雇され 巨体で何が 出来るのか
W杯 勝った勝ったと 大騒ぎ
また辞任 艪を漕ぐ暇も ない総理 
7/15
7/5
6/25
みほこ様6/14 
 チルトレン育たぬ前に孤児と成り 北の小熊様6/14 
  石をもて 送られ人の 様変わり
野球など 知らぬ力士が セーフです
旅立ちは ダービーコール 聞きながら
7/1
6/23
石川照夫様6/7 
辞任した 鳩山さんの 目に涙
みずほさん 戦闘服は 黄色です
モウ嫌だ 廃棄処分で 浮かばれぬ
百万石 稼ぐことなく 休業か

政界に 技あり決める やわらちゃん 
6/3
みほこ様5/26
5/23
5/16 
  mm単位それでも投句狭き門 まさよし様5/11 
 防犯シール ペタペタ貼って カギ忘れ ぽん太様 5/8 
老い役に 徹して谷栄 昇天す
逆なでし 民族衣装 似合わない

埋め立てはしないと言うが橋架ける
1000本 安打を打って 感激だ
沖縄が 熱く燃えてる 決起会
跡継げと 鍵渡される お腹の子
また離党 魂胆なにと 聞きたいよ
 駿河湾 海が桜の 色になる
5/7
5/5
5/2

4/27
4/26
4/23
 みほこ様4/20
 マニフェスト良い事だけを書いた付け 中ちょう様 4/15
サミットの 内緒話を 信じきる
キムタクも 力尽きたか 幕閉じる
トラ狩りもできぬか鋏持たぬ人
古参議員 離党してまで 自民嫌
早押しは クイズ番組 だけにして
株主になれないという生命社
どうしてだ 地球が臍を 曲げだした
身から出た錆で監督辞任する
春物に衣替えする日いつくるの
ローソクの数は内緒の誕生日
修了書掲げて歩く卒園子

 しゃぼん玉200個分のラブソング
顎紐をきちんとつけて春帽子
4/13
4/7
4/6
4/5
4/3
4/1
3/30
3/26
3/25
3/20
3/18

3/16
みほこ様3/12 
 春一番吹いて困った花粉症 中ちょう様3/12 
 本能寺 なんぞ行くから 紐が切れ 石川照夫様2/20 
  捻っても なかなかでない 575 まさよし様2/20 
顛末は トカゲ三匹 しっぽ切り
ハワイより ハイチに行けば 変わる風
腰パンの 王子に投げる 石つぶて 2/14
愛子には 飛び級させぬ 雪の神  2/16
石川照夫様2/13
また雪か 明日の天気が 気にかかる 若竹一夫様2/11
体力も 気力もあって 酒に負け
石川照夫様2/9
小沢さん、不起訴バンザイ、青龍は 吉田政一さん2/8
早く診て医師の一本指打法 まさよし様1/29
検察の小義が日本を暗くする 槌の庫様1/29
山ノ神 又も降臨 区間新 石川照夫様 1/3
礎の ひとつひとつを かみしめる 若竹一夫様 1/3
段々に 妻に似てくる 福笑い
石川照夫様2010.1.2
また年を とったといわず 前向きに
大雪に 覆われふるさと 心配し
AKB 団結力は ハンパない
まだ三十路 力の限り 頑張るぞ
12/20
若竹一夫
十円で 買ったバザーの 玉手箱
応援と 邪魔をしている 遼のファン
オバマさん 受賞喜ぶ 拉致の国
世のねたみ 一人背に受け プロポーズ
健康に 良いけどガンに なるエコナ
10/11
10/1
石川照夫様9/30
大勝で浮かれていては舵とれぬ
舵取りはゆっくりで良い日本丸
中ちょう様8/31
負ける気はしないが負ける親心
K/2様8/25
自腹切る 個人献金 お足ない 石川照夫様7/6
いつだって 笑い絶やさぬ 母自慢
倦怠期 ことなく過ぎた おかめ顔
木口 多佳子様6/30
子の病 縁となりて りんご便 クロタロー 様6/18
量刑は 顔で決めそう 新制度
政権の 末期を誘う ハトの乱
石川照夫様6/8
JRの給付金旅行買って見る
優勝を 夢見る球児 油断せず
4/21
中ちょう様3/19
土俵際 同体地検 割って入り 北の小熊様3/12
風邪薬 飲みすぎたよと 二日酔い
答弁は ブレる筈です 曲がってる
王子には 魔女が待ってる マスターズ
2/19
2/10
石川照夫様1/28
 去るブッシュよもや言うまい平和賞 北のクラーク様1/20
後悔を 残しあいのり 旅終わる 若竹一夫様1/17
よろい着て 運転したい タクシー車
さもしいと いわれてなを もらう人
石川照夫様1/12
国技でも外国勢でもっている 中ちょう様2009.1/12
Qちゃんが Qに引退 Q婚か
スッピンで 妻は飛び入り ハロウィーン
10/29
石川照夫様10/28
越されそう落ち葉マークが奮い立つ 中ちょう様10/25
解除なら 日本が指定 すれば良し
二位でも 親がハニカム 二千万
110/23
石川照夫様10/21
墓場まで 抱いて行かずに 渦となり
始まりも ロスで終わりも ロスの人
朝バナナ 昼もバナナで 夜バナナ
巻き戻し 出来ぬ命が 消えた室(へや}
後継を 谷に落とさず 引き上げる
老人の 怒りの票が 怖くなり
秋なのに 五人ばやしが やかましい
石川照夫様10/20
出来レース寄らば大樹となだれ込む 北のクラーク様9/23
地球ゴマ 夢をつないだ ファイターズ
農水省は 毒米よりも 腐りきり
北の小熊様9/16
毒味役 かって飲みたい 事故米酒 石川照夫様9/14
総裁選 花火5発の コマ−シャル 北のクラーク様9/11
総理より 気になる北の あるじかな
協会は 吸ったもんだの 大騒ぎ
石川照夫様9/11
退陣だ そりゃ大変だ あ、そうなの?
     (総理は)   (麻生)
おばさまは 栗は食ったが ぼく負けん
(オバマ) (クリントン)    (マケイン)
Eiken 9/5
政権を 国民目線に 放り投げ
ロンドンへ 小さなひかり 出現だ
アフガンの 土とならずに 星となり
幕力士 じつは隠れて ヤク力士
9/02
8/28
石川照夫様8/22
綱狙い お縄になった 若の鵬  北の小熊様8/20
鳥の巣を 突付く騒ぎの 競技場
柔道の 創始者嘆く 点数制
銅の色 自分の色です 松田色
夫には 金に見えます 銅メダル
一口で 説明付かぬ 毒ギョーザ
8/19
8/17
8/15
石川照夫様8/11
千鳥足妻思い出しシャンとする 中ちょう様8/8
北京五輪 大気食材 テロ不安 北のクラーク様8/8
辞世の句 これでいいのだ さようなら 石川照夫様8/5
傘差して 月が出た出た 盆踊り 石川照夫様7/28
暑いです一日中で夜までも
暑いのは夏ですからと諦める
中ちょう様7/24
カッタ君 ペリカン便で 天国へ
誰かいる?モナの誘いに 負けぬ人
トイレ似で 猫が喜ぶ 外香炉
7/22
石川照夫様7/17
 学校は金の力も子に教え 北の小熊様7/11
サミットは エコよりエゴが 大威張り
食の危機 豪華ディナーで 語り合い

父さんと 子等が呼んでる 白い犬
サミットを オミットしたい 人のデモ

油高 水揚げできず 魚(ウオー)と泣く
7/10
7/8
7/6
石川照夫様7/01
虎の威を借りて遠吠えする日本 北の小熊様6/28
申告で 御褒美ばかり もらう国
大学生 旅の恥を 書き残す
6/28
石川照夫様6/27
金の鈴 てるてる坊主 もらえない 石川照夫様6/22
惨劇の 電気が走る 萌えの街
雲助が 金品呉れて お酌する
石川照夫様6/8
朝一番 お日様探す 洗濯機 momi 様6/5
大女将 暖簾に胡座 かき損ね 北の小熊様6/3
庭のバラ雨にもめげず色冴える 中ちょう様5/31
梅雨入りで レインシューズが 花盛り momi 様5/31
タンスから 老後の夢が 消えてゆき
{うそつき}と 胸に聞かずに 紙を貼り
5/29
石川照夫様5/26
給油時の一滴さえも無駄がない みほこ様5/26
茅ヶ崎の 海で泣きたい ショックです 石川照夫様5/21
もう止めて飯にしてくれ長電話
始めから寝そべってする長電話
中ちょう様5/19
好敵手 よりも怖いよ 直下型 石川照夫様5/18
マイホームあっという間に瓦礫です みほこ様5/15
母の日は 感謝うれしさ 覚える日
ホームから 見送った君 振り向かず
5/12
momi 様5/10
毒ギョウザパンダ貸し出し先送り 北の小熊様5/8
照りつける アスファルトにも 咲く小花
momi 様5/7
創始者の遺志に背いて出す料理
料亭は勿体ないと銭勘定
北の小熊様5/4
比内鳥 偽装表示で サギとなり
メタボ腹 脂肪保証も 付いている
石川照夫様5/2
鯉のぼり 解散風で 絡みつく  北の小熊様4/27
光市は 月光仮面の 主文です 石川照夫様4/25
丘の上の一本桜今天下 中ちょう様4/21
乗客の 命と代えた 誕生日
桜花賞 予想紙千切り 花吹雪
石川照夫様4/15
お花見も連日連夜は疲れ気味 中ちょう様4/15
おふくろを 月光仮面が 連れて逝き 石川照夫様4/9
年金に医療で血圧更に揚げ 北の小熊様4/8
自殺者が 五割は増える 新保険
長生きが 肩身の狭き 新保険
与野党が 道路で油 売っている
4/7
4/4
石川照夫様4/1
一齧り林檎が美味い 今日も吉 中ちょう様3/27
偽物は とても「クエ」ない 魚です 石川照夫様3/20
柔らかくする体操で骨を折る 中ちょう様3/19
きぼう無き 「きぼう」に託す シャトルです 石川照夫様3/17
デンバデー「あたご」を嗤うお粗末さ 北のクラーク様3/15
休息を 守り昼飯 食堂街 北の小熊様3/14
利子付かぬ タンス預金 カビが付き 石川照夫様3/14
焼きりんご食べて一日頑張れる 中ちょう様3/11
本命が 万事Qスの 北京行き 石川照夫様3/10
督促を 舐めて覗き見 受信料 北の小熊様3/10
ママチャリの 背負って四人で 風を切る 石川照夫様3/7
届けたい オバマまんじゅう 栗きんとん 北の小熊様3/6
ちょうちんも 緑に変わる 繁華街 石川照夫様3/6
JTは 餃子タスポで 煙に巻き
防衛省 人命よりも 組織保持
3/4
北の小熊様3/1
お酒では 憂さは晴れぬと 医学界
黒人に 日本のこころ 歌われる
3/1
石川照夫様2/28
舵取らず 情報操作 急がせる
全盲を 医師も役所も 見抜けない
2/27
北の小熊様2/26
我が家でも ニートになった お雛様 石川照夫様2/26
中華街 日本製ですと ギョーザ出し 石川照夫様2/22
イージス艦 漁船と雑魚を 見間違う 北の小熊様2/21
レーダ船 親子船に 気が付かず 石川照夫様2/20
テレビ局密着取材する愚か 北のクラーク様2/20
マラソンで 宮崎を売る セールスマン 北の小熊様2/20
敬老日僕の知らない妻が居る 杵島太郎様2/16
リボン付いてれば何でもオッケー 石川照夫様2/16
雪まつり 軍艦も見る 風物詩 北のクラーク様2/13
温暖化 知っているけど していない   小学生様2/13
ファイターズ 夢も膨らむ フルスィング 北の小熊様2/11
タダ食いに 裁判官の 助け借り
廃校舎 わが身を削り 人助け
2/10
石川照夫様2/7
値より質 気付き始めた 国産品 北の小熊様2/5
位倒し 人権無視の 人件費 北の小熊様2/2
身を捨てて 子を守る親は もういない
石川照夫様1/31
流氷に しばれ堪えて ウエルカム 北のクラーク様1/26
食料と同じ相撲も輸入品 中ちょう様1/25
本場所を モンゴルなどと 言わせない 北の小熊様1/23
おかしいぞ 体重計を 買い換える 中ちょう様1/21
再生紙 エコとエゴとの さじ加減
温暖化 予測に実践 追い付けず
松尾 義己様1/19
救急車 早く着いても 迷走車 石川照夫様1/17
しめ飾り 共にメタボも どんど焼き 北の小熊様1/11
シャッター街 空元気出す 初の市 北の小熊様1/7
休肝日増やすと誓う三日坊主
北のクラーク様1/3
休刊日 妻の耳には 休肝日 北の小熊様1/02
三が日 パジャマで足りる こたつむり 石川照夫様1/01
改造へ 礼服のチリ 掃いて待つ 北の小熊様12/231
神よりも 美貌に負けた 警視です 石川照夫様12/29
出も勝手 入れるも勝手 選挙とは
「偽」の一年 総理の詫びで 締め括り
趣味困じ 作品ベットを 脅かし
北の小熊様12/28
救済に 総理サンタに 早変わり 石川照夫様12/26
見飽きたよお詫び会見偽装品 中ちょう様12/22
12月なりふり構わずやってくる 可福 様 12/18
公約は選挙のための戯れ言か 北の小熊様12/16
認知症 助けた犬も 認知症 石川照夫様12/13
 世界中が悪 私は悪くない 可福 様 10/27
赤福が赤っ恥かき暖簾閉じ 中ちょう様10/27
ダメ親父 子ガメにとって 世界一
みやげ物 白から赤へ みんな黒
もったいない 教え守った 老舗です
人生の ゴール板でも 水の中
「とりあえず」 頭垂れとく 謝罪かな
石川照夫様10/27
学力の 格差列島 端と端
新米はまず神仏にてんこ盛り

紀元会 リンチが潜む 部屋の奥
北の小熊様10/27
親亀に 子亀乗せない 処罰です
弁慶が 反則王子と 呼ばれそう

秋なのに 桃とサクラの 一騎打ち
うその色 やっぱり赤い 伊勢みやげ
弟が けなげに見える 兄離婚
横綱の 夢も砕いた ビール瓶
石川照夫様10/16
料亭も ゴルフも行かず 元総理
子供より 先に寝れない お父さん

美の国を そっと仕舞った おもちゃ箱
さお竹の 被害の数は どんだけー
石川照夫様9/25
サンダルが 良いか悪いか エスカレーター
モンゴルで かくれんぼしてる マスメディア
横綱の 一人相撲で けりが付き
ゴミ捨て場 やけに目に付く 扇風機
プロ志向 一人もいない 優勝高
石川照夫様9/11
薬より ママのミルクが 効くらしい 石川照夫様8/26
大勢は広陵だったが佐賀勝利 中ちょう様8/26
日本一 何処が暑いか 競い合い
恋人は 白から黒へ 変化させ
石川照夫様8/17
立秋と暦に出たが未だ真夏 中ちょう様8/9
横綱は 母のオッパイ 恋しがり
心技体 もっと大事な 躾です
石川照夫様8/8
受け継いだ 鈍感力が 仇となり
自公民 お灸どころか 大やけど
石川照夫様8/2
札束が 入れやすそうな ポスト替え 石川照夫様7/24
事務所から 出さない膿が 顔に出る 石川照夫様7/22
今日公示贔屓密かに決めている 中ちょう様7/12
選挙まで 赤木の山は 霧の中 石川照夫様7/11
雨の川 出逢うどころか 退避です 石川照夫様7/08
身内でも 止める人なく 「しょうがない」 石川照夫様7/04
もったいない 人だけ映す 渋谷スパ 石川照夫様6/23
沖縄へ避暑に行きたい北海道 中ちょう様6/14
社保庁の 地下室全部 調べたら 石川照夫様6/08
還元は 出来ぬ命を 捨てて逝き 石川照夫様6/01
春霞かと思ったら目が痒い 中ちょう様5/26
俺の妻 トイレの窓から 逃げれない 石川照夫様5/21
街角に 老人ポスト 出来るかも 石川照夫様5/16
事故おきて スリルなお増す コースター 石川照夫様5/11
連休は 行き場が無くて 墓参り 石川照夫様5/6
孫に風邪うつされたけど腹立たず 中ちょう様4/30
神前で ブラボー叫ぶ しのぶ婚 石川照夫様4/29
先ずはは聞く、これが我が家の、平和主義
やるせない病後のだるさ雲に乗せ
4/28
ふくだ万年様4/26
庁内の 身内を選んだ 市長選 石川照夫様4/25
我が命 惜しくて平和叫べない 可福 様 4/21
洗うとき 尻に火が付く トイレです 石川照夫様4/21
天国の 三平どうも スミマセン 石川照夫様4/17
政治家の 異常口動 おてなもの 石川照夫様4/10
他所の子にタミフル飲ませ様子見る ふくだ万年様4/10
美人なら 国の威信で 守ります 石川照夫様4/9
縁の下辛抱したが日の目見ず ふくだ万年様4/9
年寄りと ゴミだけ写す 大地震 石川照夫様4/3
訳あってお酒随分弱くなる 中ちょう様3/29
看取る手に 「ハイそれまで」と 云った人 石川照夫様3/29
訳あって出来ぬ禁酒をまた始め 可福 様 3/27
ミルキーの 復活に続く ミキティです 石川照夫様3/27
タフミルを 飲むと少年 鳥になる
タコ足に したら安心 ボンバル機
石川照夫様3/22
SLの写真に篭もる音うれし 中ちょう様3/22
温暖化 みんなで減らそう CO2 てら様3/19
真打は 純金狙う 窃盗団
判決は 又ダイエット 出来る刑
石川照夫様3/19
火花散る 熱いキッスで 無事帰還 石川照夫様3/16
お局が内緒内緒と言いふらす 可福 様 3/14
年金を もらう時まで 赤い糸 石川照夫様3/11
虎屋でも 怒りしずまぬ おふくろさん 石川照夫様3/9
線香皿 盗られて気づく 価格かな 石川照夫様2/27
交番に 建ててあげたい 模範の碑 石川照夫様2/16
チョコレート心をこめて家内から 中ちょう様2/14
女将から 貴方だけよを 友も持ち
食べてみて 義理とわかった 辛子入り
石川照夫様2/14
2/12
シャトルから 務所へと続く 横恋慕 石川照夫様2/8
プロポーズ 決め手もちろん 猫だまし 石川照夫様2/7
寒い時期寒く無いのは違反です 中ちょう様2/7
翌日は 輪切りで並ぶ 恵方巻き
墓参り サボりたくなる 千の風
石川照夫様2/4
機械なら 大臣の妻 まだ産める 石川照夫様1/30
恵方巻き 宮崎の人 東向き 石川照夫様1/26
知事選は 人気投票 そのまんま 石川照夫様1/23
どんと焼き 今年も揃う 団子顔 石川照夫様1/4
毒も無く金も無く只くそまじめ 可福 様 1/14
気懸かりな 始めの一歩 防衛省 石川照夫様1/12
今年から 「夢が無いね」は 禁句です
教育は 学問よりも 人の道
石川照夫様1/7
また来たか何だかんだで歳をとり 可福 様 1/4
初日の出お神酒お屠蘇の寝正月 中ちょう様1/4
愛、家族 テーマを歌う 元夫婦
紅白を 白黒させた 透けダンス
石川照夫様1/4
年が暮れ紅白を見て除夜の鐘 ネーブル様1/1
五十年 先のことなど 俺知らん 石川照夫様12/24
ラブホテル よりもお安い 官舎かな 石川照夫様12/20
今年の字 ゴルゴ喜ぶ 命です 石川照夫様12/15
よく採れてホクホク顔の家の裏 中ちょう様12/14
木の上じゃ 円くなれない ビビリ猫 石川照夫様12/11
金よりも コイに生きたい 黒田節
腎臓も モッタイナイと リサイクル

愛用の グローブ泣いて 幕を引き
11/09
11/08
妻は前私カーとを押して行く 中ちょう様10/25
牛筋にごめんなさいと言う入れ歯 可福 様 10/12
価値観にいつも我が子とすれ違う 可福 様 10/05
霊界の 現地報告 待ってます
この指に とまった順の 組閣です
石川照夫様9/29
確定も オウム返しも 出来ぬまま 石川照夫様9/17
まだ未熟 あの三人に 言わせたい
ミラーマン なでなでマンに 変身し
石川照夫様9/16
ユウちゃんは自分をはっきり述べていた 中ちょう様9/12
日本中 待ちに待ってた 歴史の子 石川照夫様9/7
男独りサンマの煙目に沁みる 可福 様 9/5
会社にも 一人二人の 冥王星 石川照夫様9/3
幸せの 色まで変えた 球児です
ハンカチは 三つにたたむ 新作法
石川照夫様8/28
神様が 迷って迷って 再試合 石川照夫様8/21
跳ぶ鳥が 後に託した 大鳥居
玉砂利が 俺を読んでる 九段坂
ボン育ち 適切の日も オボンの日
石川照夫様8/19
戦勝も敗戦も無い終戦日 可福 様 8/15
まだ寝たい 夢にしみ入る蝉の声 円浄寺 鳳水8/8
冷房と 女房に弱く 夏嫌い 石川照夫様8/6
量よりも質に変わった壮年期 可福 様 8/6
梅雨あけて 心は曇る プール事故 石川照夫様8/04
太陽の恵み真っ盛り熱い空 中ちょう様7/31
物を言う株主だったか見直した 中ちょう様7/27
合羽着て 月が出た出た 盆踊り 石川照夫様7/26
天晴れと言われ復活想定内 中ちょう様7/24
この次期に誰が今頃メモ出した 中ちょう様7/21
サッカー中田一人浮いてて負けたのよ 中ちょう様7/19
白い雲 自然現象富士の傘 ネーブル様7/18
朝食に欠かさず食べる焼きリンゴ 中ちょう様7/17
あの痛み 示談できない 頭突きかな 石川照夫様7/14
ウミポチャで 打ち直しするか 迷ってる 石川照夫様7/10
北よりの 三点セットの お中元
石川照夫様7/09
矢も射えず アンテナ折れた 司令塔 石川照夫様7/06
織姫が 水着で待ってる ネオン川 石川照夫様7/05
犯人に 感謝している 拉致家族
再会も 又悲しみの 始めかな
石川照夫様6/30
親の背を 追わずに背く 付け火かな 石川照夫様6/28
奇蹟など 起こる筈なき 格差かな 石川照夫様6/25
イラクから 撤退はする そのうちに 可福 様 6/23
父の日も 男は黙って 発泡酒 石川照夫様6/19
その昔 月一だった 父の日は 石川照夫様6/17
供養から 自慢の歌の 披露宴
石川照夫様6/12
人ひとり シンドラー社の エレベーター 石川照夫様6/8
初夏ですね 指間の虫が暴れだす 可福 様 6/7
少子化に 母を減らした 保険庁 石川照夫様6/2
辞めません 東京五輪 決まるまで 石川照夫様5/24
拉致話題そらし南北手を結ぶ
 手を結び日本に矛を向けようか
 マスコミと北の政策板挟み、
 ハッキリとしない民です昔から 
可福 様 5/19
割り箸の 割り増し税で 割り切れず 石川照夫様5/16
皆勤へ痛い泥付くユニホーム 闘句朗様5/15
花よりも 団子の母の 壇飾り 石川照夫様5/6
負けてやる優しいじーじで居たいから 可福 様 5/2
じゃんけんで勝つと信じた幹事長 闘句朗様4/24
メイド服 一度着せたい 人がいる 石川照夫様4/20
株ボード諸行無常の響きあり 闘句朗様4/14
愛国を 寄木細工で まとめ上げ 石川照夫様4/14
どう見ても俺に似てない子を自慢 闘句朗様4/10
花見より 見せぬお腹の 探り合い 石川照夫様4/6
ファミコンのレバーで胼胝が出来ている
夜桜を口実いつもの所で酒を飲む
可福 様 4/3
ガセネタのガセネタを買う週刊誌 闘句朗様4/1
風俗は 今も昔も イナバウァー 石川照夫様3/27
七転び 八転びになった 民主党 石川照夫様3/17
国旗持つ義務も無い愛国心 可福 様 3/16
入社時の大志を胸に無位無冠 可福 様 3/4
福袋 優先順位は 妻・子・犬
父応援中学生2/27
スケート場 彼の手を借り イナバウアー 石川照夫様2/26
コスプレも 一番映えた 金の舞 石川照夫様2/25
あと一歩 鉄のメダルが あると良い 石川照夫様2/21
露天風呂 エッチな雪が なだれ込み 石川照夫様2/15
想定外ライブ・ドア閉めホリエモン
岡田 勇様2/13
屋根の雪 怖くて鬼も 近寄れず 石川照夫様2/1
五十路坂駄馬の鼻息荒れてくる 可福 様 1/30
男なら 誰も夢見る 多妻制 石川照夫様1/29
いまどきは 三畳一間の オリエモン 石川照夫様1/26
川筋を歩く心と川の色 可福 様 1/23
今年こそ 今年こそはと 初競馬 石川照夫様1/7
去年今年喪中口実寝正月 
こぞことしもちゅううこうじつねしょうがつ
可福 様 06.1/3
ディープファン ヌカ喜びの 馬券かな 石川照夫様12/26
マジックの 手の内見せず 仰ぐ人 石川照夫様12/18
終点まで突っ走っている貨車なりき 無口なモグラ様12/15
法律を 学んだ筈が 同志社った 石川照夫様12/15
痛ましい事件ばかりで不眠症 モルセラ様 12/12
魚河岸のおやじテノールよく響く 可福 様 12/09
帰り道赤提灯が通せんぼ 可福 様 11/30
溺れたら 「みの」をも掴む NHK 石川照夫様11/25
震度五で 悪夢待ってる マイホーム 石川照夫様11/19
耐震のマンションにある活断 可福 様 11/19
「寒風に 日溜まり求めて 赤とんぼ」 公寒様11/18
アイドルが 天まで届く 歌手となり 石川照夫様11/12
ねぇおかん りんごの前に、ネギ切った? いぬはりこ様11/5
ライオンが 崖から落とす 組閣です 石川照夫様11/2
長生きは 老害と言う 負担増 石川照夫様10/30
老眼のメガネの上の目が光る 可福 様 10/25
ライバルに 影を踏ませぬ 菊の道 石川照夫様10/24
煙り吐く蒸気機関車見直され ネーブル様10/22
二日酔い 二十六番の 「選手たち」 石川照夫様10/20
ゴキブリにエイ!と一発仇討ち 可福 様 10/16
はなまるで 果汁したたる 一かじり とんとん様10/14
足下も おぼろな国が 核を持ち いぬはりこ様 10/14
指五本 ネコババしたか 見当たらぬ 石川照夫様10/12
糟糠の妻に感謝の借りをもつ 可福 様 10/05
自動車も 防弾チョッキ ヘルメット
石川照夫様9/28
ひき逃げは ダブル不倫で 四輪か 石川照夫様9/27
豊国の奢りワニさえ生で捨て 可福 様 9/26
王様さまが 裸といえぬ チルドレン 石川照夫様9/23
前よりも イケ面だけど 又マジメ 石川照夫様9/18
抜け殻がミンジジミンと鳴いている 可福 様 9/16
コアウモスは 純ちゃん任せの 風に揺れ 石川照夫様9/14
プチ整形十回すれば知らぬ人
可福 様 9/9
奥の手は 泣いて土下座の 刺客かな 石川照夫様9/6
カトリーナ君の従妹が日本に
可福 様 9/5
猛妻で 頭かかえる 熊がいる 石川照夫様9/4
身内でも ポカリやりたい 介護かな 石川照夫様9/1
叱る声 泣く声止んで 終わる夏 石川照夫様8/28
ピアノマン その正体は オカママン 石川照夫様8/27
新党と 名前ばかりの 古き顔 赤猫様8/22
選挙権 無い人人気 ホリエモン 石川照夫様8/22
宗男ちゃん 大地で眠れ 安らかに 赤猫様8/21
渇水が 消えたふるさと 呼び戻し
石川照夫様8/19
刺客見て 総理の好み 知りました 石川照夫様8/18
改革は破壊の後に考える 可福 様 8/17
     投票日真の刺客はあなたです               石川照夫様8/17
マングース 同士戦う 蚊帳の中 石川照夫様8/12
野口さん 星にならずに よかったね 石川照夫様8/11
キャバクラで 女房口説く 悪夢かな 石川照夫様8/5
きのこ雲語り継ぐ人老いて行く ネーブル様8/5
学歴は ワラにもなれず 議員の死   石川照夫様8/3
家の中 木枯らし吹いて 何故暑い 石川照夫様8/2
             アスベスト 無料点検 致します             石川照夫様7/31
日と共に今日も暑いとセミ時雨れ 可福 様 7/29
へたり族 老人並みの 骨密度  石川照夫様7/29
温暖化みんな息止め咳を止め
税増えて 苦し紛れに ぜい肉悔い     7/25
ぼくはよんじゃねえ
酔いが覚め妻の無言が恐ろしや 可福 様 7/23
シンクロの 目はパッチリの 般若顔 石川照夫様7/22
盆踊り うちわで隠す 酔い加減 石川照夫様7/21
アジサイが こよなく好きで 裕次郎忌  石川照夫様7/19
出張の疲れたまるが空財布 可福 様 7/18
ゴルフ界 トラに託して クマが去る
西欧へ リュックで行けぬ 旅行かな
石川照夫様7/17
子育てに 疲れたら僕 家を出る 石川照夫様7/16
母の愛 知って合わせた 十五の手 石川照夫様7/14
「破壊王』 破壊されてた 脳血管 石川照夫様7/13
モンゴルもロシアも強い大相撲 可福 様 7/13
屁の音は どこか可笑しく 懐かしく ひかる子様7/8
兄弟の 縁も一緒の 放棄かな 石川照夫様7/6
梅雨らしく庭の紫陽花ピンク色 ネーブル様7/4
            一面は 満面の笑みの ミスターです。
                飛ぶ鳥が 後をにごして 渦となり         
石川照夫様7/4
モッタイナイ  モッタナイから 肥えた妻 石川照夫様7/2
小泉が自信持ってる不発弾 可福 様 6/30
電線に 鳥の止まらぬ 猛暑かな 石川照夫様6/29
炎天下 鯉は黙って 橋の下
石川照夫様6/27
雨乞いを 日傘で集う 祭りかな 石川照夫様6/26
ジェンキンス 家族は佐渡で 曽根家族   石川照夫様6/23
掴んだら かなりヤバイは 妻の腹 石川照夫様6/22
                再会は ひとみの母と 重ね合い
               花嫁も あじさい顔の 披露宴
               居眠りが 増える議員の クールビズ  
                父の日と もっとテレビで 云ってくれ       
石川照夫様6/21
雨上がり傘が置き去り泣いている 可福 様 6/18
喧嘩より 知りたい貴の ダイエット 石川照夫様6/17
父の日に そこにあるよと プレゼント 石川照夫様6/16
水よりも 薄き血もある 家族かな 石川照夫様6/10
首相殿パジャマ姿は無いでしょう 可福 様 6/9
兄弟は 他人の始めと 知る手本
解禁の 鮎より多き 竿の数
石川照夫様6/3
雨上がり心爽やか草むしり うさぎ様 6/1
ビール券 残したものに 福が来る 石川照夫様5/30
玉手箱 開けて見ずとも お爺さん 石川照夫様5/28
全国の パンダが急に 立ち上がり 石川照夫様5/24
ピアノマン あなたはだあれ だれでしょね 石川照夫様5/21
ミサイルも 核も生んでた 援助金 石川照夫様5/17
春街に 香り競って 薔薇乱舞
humsum様5/14
タレントの 見かけによらぬ マジメ婚 石川照夫様5/12
客よりも マイクが好きな ポッポ屋さん
潮狩り 貝より多き ヒトデかな
電車にも ハンドルとナビ 付けてくれ  
石川照夫様5/10
気おつけで迎える菖蒲の意地らしさ
 真っ直ぐに姿勢正して涼しげに
 公園に水辺のあやめ誇らしげ
「菖蒲」
可福 様 5/10
行きつけの ママに捧げた カーネション 石川照夫様5/8
約束の 赤い詰襟 三年生 石川照夫様5/2
被害者の 顔と年見て モッタイナイ 石川照夫様4/28
ラッシュでも 今日も空いてる 一両目 石川照夫様4/27
お祝いを せがんで泳ぐ 鯉のぼり
電車にも 若葉マーク 付けてくれ
4/27
石川照夫様4/26
社会史は 江戸で終わりの 授業です
謝罪のみ 求める国は 謝罪せず
     4/23
石川照夫様 4/20
世帯主 ちょっと呆けたか とぼけたか うさぎ様 4/18
晩成の大器いつまで待たせるの 可福 様 4/16
百恵さん あなたの偉さが わかります
三人も 産んでスターに 戻りたい
石川照夫様 4/2
春嵐ビニールハウス一夜城 うさぎ様 4/1
一年生黄色い帽子春ウララ 可福 様 4/1
敵陣へきっちり結ぶ靴の紐 若芽さま3/28
自信ありまだ堪えられる震度6
可福 様 3/26
同世代白球追ってる兆治様   
うさぎ様 3/26
フルムーン仲良く入れ歯も枕元 澤村様 3/26
小姑の嫌味な言葉聞き流し
この時期に白と黄色が空に舞う
叔母帰り嵐が去って気が抜ける
    3/25
うさぎ様 3/23
島巡り 島争いの 島同士 石川照夫様 3/23
お彼岸で長男の嫁は超多忙 うさぎ様 3/22
七人の 敵に優しい 俺の妻 石川照夫様 3/18
彼岸前夫と仲良く墓掃除 うさぎ様 3/16
入学に喜びきれぬおらが春 可福 様 3/14
寝台車一度も乗らずに永眠し
春の陽をいっぱい浴びるクロッカス

今日も雪待ちどうしいな春の陽が
川柳で右脳のリハビリまた今日も
春一番厄介もんを連れてくる
うさぎ様 3/9
うさぎ様 3/7
うさぎ様 3/4
うさぎ様 3/3
うさぎ様 3/2
出来るかも ママのお腹で 段飾り 石川照夫様 3/1
温い輪に 囲まれいつも 妥協癖 若芽さま2/19
見栄張って受験地獄に子を落とす 可福 様 2/13
鬼は外 出てゆかぬ妻 横目見て
denbey様 2/12
夜叉が居て 鬼も来なけりゃ 福も来ず 石川照夫様 2/4
冬景色残す情けを食す鳥 可福 様 2/1
お受験に母も一緒に付いていく 可福 様 1/28
散歩して体力つける田んぼ道 ネーブルさま1/24
レスラーも振袖を着て二十歳
ボール追う眼が輝いている園児

翔びたくて少し化粧を厚くする
御神籤の吉へハードル揚げて新春
にしべいさみ様
1/23
ATM引き出す金でも透かす癖 真心さんさま1/19
鶏か卵かゆっくり考える 若芽さま1/4
初日の出俺の寝床に顔見せる ネーブルさま1/1
            初鶏の響きし声がじゃまをする        2005 可福 様 1/1
一筆啓上 お正月には帰ります 若芽さま12/27
波に乗り 小さな光りへ 辿り着き
かよ姫12/24
世の中に合わぬ歯車空回り 可福 様 12/21
紅白の 衣装に悩む 雪椿
若芽さま12/09
もう少し書きたい日記ページ無く ネーブルさま12/04
盛り上がる忘年会で隠し芸 ネーブルさま12/02
見るたびに紅葉の服が派手になる ネーブルさま11/25
誘われて秋を探しにスニーカー
若芽さま11/20
口開いて涙こらえて歯が痛む 可福 様 11/11
健康でのんびり生きる誕生日
ネーブルさま11/11
兄妹で一つのリンゴ口にする ネーブルさま11/04
出る杭は 頭がきっと 禿げている 可福 様 11/02
失敗と言うな新たな知恵の基 可福 様 10/29
愛犬が亡くなり墓に薔薇の花 ネーブルさま10/25
珍しく秋に桜が顔見せる ネーブルさま10/15
リンゴっ子食べて美味しい顔になる
可福 様 10/11
おみくじの大吉だけを持ち帰る  
 もういいよ 大きな台風 来ないでね
可福 様 10/9
香りしてキンモクセイがノックする
ネーブルさま10/1
暴風の中で危険なレポーター 若芽さま9/30
 世話をする運動会の陰の人 ネーブルさま9/27
補聴器のスイッチ切って耳栓に 可福 様 9/25
りんご狩り 武尊を眺む 横塚道
おろちゃん様 9/24
ビリだって 吾が子が主役 ビデオ撮り
可福 様 9/19
未熟者台風に負け木から落ち 可福 様 9/9
慌てたます車が浸かる満潮時 ネーブルさま9/8
鈴虫が蝉しぐれ後良い音色 ネーブルさま9/3
不満なに急に怒るな浅間山 可福 様 9/2
稲の穂顔振りながら秋を呼ぶ ネーブルさま9/1
ドーピング 金無くす人 貰う人
可福 様 9/1
幸せの象徴鳩のホームレス
可福 様 8/25
良くやった金じゃなくてもいいじゃんか
可福 様 8/24
ヒマワリの沢山の顔空を見る ネーブルさま8/23
試食品むしゃむしゃ食べる親子連れ 若芽さま8/22
配管が ダイエットして 怒られる 可福 様 8/20
送り火に仕事の煙も燻り出す 可福 様 8/17
 のんびりと休む事無い盆休み ネーブルさま8/17
激痛に 耐えて走った 60年 デン!様 8/13
子供より妻が張り切る演奏会 可福 様 8/12
いい湯だな 合格点は 温度だけ ラマ 8/12
ただ一つ好球泌打甲子園 ネーブルさま8/12
もっともっと強く成りたい汗を掻く 若芽さま8/10
対立に先哲の声胸を突く 可福 様 8/8
平和乞う 世界遺産だ 観光だ
何思う そっとしてくれ 命日は
ローレライ様 8/6
語り継ぐ被爆電車がドーム前 ネーブルさま8/6
時事川柳 出して一服 この旨さ
ローレライ様 8/5
娘らの 肩で頬染め 大天狗 可福 様 8/4
あいつらを 綺麗に言えば 自由形 ローレライ様 8/4
無駄花も 余裕と思え 茄子の花  可福 様 8/3
台風が来て暑い夏持ち帰る ネーブルさま8/3
知るよりも 知らぬが仏の 風もある ローレライ様 8/2
いつ見ても 一人芝居の テレビかな ローレライ様 8/1
食べるなら 味よく食べてダイエット 万年青さま 8/1
先生と呼ばれネクタイ締め直す 可福 様 7/31
たいやきと 一緒に泳ぐ 夏休み 万年青さま 7/31
飲み過ぎの頭に響く蝉の音
不始末を 蝉にあたるな 二日酔い
可福 様 7/30
稲の穂が蝉時雨聞き花咲かす ネーブルさま7/30
良い事が続いた後の落し穴 若芽さま7/28
踊りあり花火も上がる夏祭り ネーブルさま7/25
子に教え忘れた事を子に学び 可福 様 7/21
蓮の華暑さ忘れてピンク色
ネーブルさま7/21
負け戦 山で買ったら 谷で売り ゴジラン様7/20
明日晴れる夕焼け写す池の中 ネーブルさま7/20
延長で涙を流す白い球 ネーブルさま7/17
野良猫にエサ運ぶ人居て難儀 若芽さま7/14
負け戦 棘ある薔薇は 寄り付かず 万年青さま 7/13
勝利してバンザイの顔口が開く
ネーブルさま7/13
善し悪しが判らぬ時は吉とする 可福 様 7/10
七夕や 朝顔市に 夏はきぬ 金子大吉様7/8
さくらんぼコロリ恋人たちの初夏
☆南風さらりと長い髪を梳く
かつお様 7/5
板切れの 矢印に添い 登山道
若芽さま7/5
じっと見る 頭脳線が 見えにくい
右を向き 左折指示され 踏むブレーキ
万年青さま 7/5
いい天気 庭の草取り 指示される 
アラやばい 無口になるの 妻の前
可福 様 7/3
支えられ女天狗御輿上を向く ネーブルさま7/3
りんご噛む前歯に貴方の歯型つけ 野次馬さま7/3
知らぬ間に私の年が増えて行く ネーブルさま7/2
色男 金も力も 在りそうな 可福 様 6/30
お洒落して 極めて出ました 宛が無い 万年青さま 6/29
庭紫陽花 しょんぼり雨を待っている 若芽さま6/24
ニュウートンいてもりんごは手の平に ネーブルさま6/21
 選挙だぞ!決戦前の銭勘定 
選挙だよ 握手ができる 賢人とうれしくもあり うれしくも無し  
可福 様 6/20
山百合が口を開いて俺を見る ネーブルさま6/20
ライバルが輝いている嫉妬心 若芽さま6/17
目に見えぬ 一筋縄を 見てみたい 万年青さま 6/15
蜘蛛の巣が絹糸のよう艶がある ネーブルさま6/13
直球の正論ヒラリ交わされる
可福 様 6/12
くちづけは ペパーミントの 爽やかさ
若芽さま6/11
七人の敵とも別れ三等星
suikyouさま6/1
まわり皆レディーで上がる厨の腕
suikyouさま6/10
日々の記事子供の命惜しまれる 可福 様 6/10
ヨイショと上がりコラショで激痛 万年青さま 6/9
空豆や実りて万歳天高し
suikyouさま6/9
丹念に育てたキュウリ食べて見る ネーブルさま6/5
失敗も 成功もある 世の習い 可福 様 6/4
虹出たと 息を切らして 呼びに来る
若芽さま6/4
可愛いなホッペがりんごそのままで 万年青さま 6/2
まだ未熟 青いリンゴが 努を見る
「原点のリンゴは赤い 赤い赤」 順子
可福 様 6/1
釣り銭に可愛い手出すレジの方 ネーブルさま5/29
サンシャイン見る聞くすべてフレッシュだ 万年青さま5/29
雑踏の中へ刺激を受けに行く 若芽さま5/26
小さいがブドウのつぶの房作り
ネーブルさま5/23
おやじさえ怒鳴り飛ばした母の肝 可福 様 5/23
リンゴの実5月半ばに紅を塗る
ネーブルさま5/20
田植えした その夜からの 雨蛙
若芽さま5/20
連休はパパは寝ていた子の日記 可福 様 5/18
実が稔りキュウリの先に花が咲く ネーブルさま5/15
回覧板とどけるだけの町内会 万年青さま5/15
ニコニコと オニューの傘が 雨の中 可福 様 5/14
うな垂れて 仕舞い忘れた 鯉のぼり
若芽さま5/10
色白で もち肌ですと かしわもち
ヒゲさま5/8
穏やかで 大口開けて 寝てる鯉 可福 様 5/6
鯉のぼり のぼりをやめて 洗濯が 万年青さま5/6
矢車の 音カラカラと 鯉のぼり
若芽さま5/6
誘引をブドウにすれば手を繋ぐ ネーブルさま5/5
父上は 昨年暮れから 連休で 万年青さま5/4
連休を もてあます父 じゃまにされ 可福 様 5/4
天下り 決めた会社 に 補助金を 万年青さま5/4
君若い 今しか出来ない 事がある 万年青さま5/1
青虫も 好んで食べる 無農薬
若芽さま4/29
恥ずかしい 捕らえてみれば 我自信 万年青さま4/29
傘わすれ昼に忘れて叉晩に 万年青さま4/25
まっすぐに 生きたつもりが 邪魔にされ 可福 様 4/24
朝刊を 脇に挟んで 立ち話 若芽さま4/23
今の部下 前の会社の 元上司 万年青さま4/20
たまにする 炊事の指に 絆創膏 万年青さま4/20
梨と桃白とピンクの恋模様 ネーブルさま4/20
口開いて 上目遣いに 藤の花 可福 様 4/18
いじったら だんだん症状 悪くなる 可福 様 4/14
左右から吹き割れの滝白い泡 ネーブルさま4/13
花の下 飲んで浮かれて 無礼講
若芽さま4/12
花の下美女へとびる鼻の下 可福 様 4/7
あれば良い、僕の老化の、止め薬 万年青さま4/5
亜麻色の 髪靡かせて シーサイド 若芽さま4/1
しだれ梅桜眺めて花が咲く ネーブルさま3/31
友達が僕のボトルを飲みつくす 可福 様 3/30
芽が覗きブドウに棚にテント張る
ネーブルさま3/28
通信簿みせたくなくて帰路遅れ
中岡清美さま3/27
和解して飲むコーヒーの温かさ 若芽さま3/26
元老に左右されない新区長 樋口様3/25
小田原城 土産は定番 蒲鉾屋
小田原城 北条早雲 攻め落とし
金子大吉様3/24
春の雪 桜も杏も 雪化粧 欠食児3/23
咲き始め雨に打たれて耐えている 可福 様 3/23
千疋屋 ブランド力で 桁が増え
ユニクロも 白旗上げる 八百屋業

冬戻り 桜の蕾が 足踏み中 
金子大吉様3/23
入選を諦めていてそうでない ネーブルさま3/21
コーヒーをブラックで飲む決断日 若芽さま3/20
春の風 凧より高く レジ袋 ニイハラさま3/20
旅先の 優しい心の おもてなし
焼き付けた 景色に味覚 この香り
可福 様 3/19
桜花 舞う一瞬の ラビリンス 若芽さま3/18
顔赤く重量挙げの力見る ネーブルさま3/16
廃校に今年も咲いた桜の木 可福 様 3/14
何十キロ飛ぼうが カラスのかって 可福 様 3/12
桜より早く咲き出す桃の花
ネーブルさま3/12
古傷が 寒さ暑さに 刺激され 可福 様 3/9
春風が 山の雪ん子 連れてくる 可福 様 3/7
一日の時間延ばして欲しい春
中岡清美さま3/6
賞品が 老後を少し 楽にする ラマ様3/6
寒空に二つ目を待つ流れ星
  もう一個 もう一個です 願い事

可福 様 3/6
粗末には 出来ぬこの身は 親譲り 可福 様 3/4
花見月 桜に落ちるぼたん雪
中岡清美さま3/4
ひな祭り中華料理でみな笑顔
中岡清美さま3/3
わらぶきの屋根が無くなり町になる ネーブルさま3/3
花言葉ちょっとつまんで春の予感
中岡清美さま3/1
人になるために私もリサイクル 中岡清美さま2/29
嘘一つ あと一ヶ月 待ってみる 可福 様 2/28
嘘に嘘ホントを探す桜の樹
中岡清美さま2/28
3月の 春風運ぶ クシャミかな 金子大吉様2/28
まだ青い桜の下で生きている
爆睡のひよこを降ろす園児バス
中岡清美さま2/27
富士山の高さ私の背の高さ
中岡清美さま2/24
若かりし記憶に甘酸っぱいリンゴ
中岡清美さま2/23
リンゴ剥く 皮の長さを競いつつ
中岡清美さま2/210
スギ花粉 少ない春飛ぶ 青い鳥 金子大吉様2/21
捨てられた犬持ち帰り孫生まれ ネーブルさま2/21
後ろからシャッター切って欲しい歳
中岡清美さま2/20
義理チョコをホクホク顔で食う夫 中岡清美さま2/17
良い天気春一番の風が吹く
ネーブルさま2/15
感謝する妻から貰うチョコレイト ネーブルさま2/14
膨らんだ狸のお腹触れてみる
見えるかな 老眼鏡に 感謝する
ネーブルさま2/12
服を着る朝は寒くて厚着する ネーブルさま2/10
今日休み庭の花見て暇つぶす ネーブルさま2/9
反抗期 起きてさらなる 成長か hitomi様2/6
 露天風呂 気分は草津の 日帰り湯  金子大吉様1/19
紅白で 今年も知った 名前かな 金子大吉様1/05
紅白を とぎれとぎれに パソで暮れ     2004
ジョンのおばちゃん1/1
今も咲く ブーゲンビリア 赤い花 山河様12/26
初雪や 寒さ身にしむ 日々となり
家族みな 土鍋でうどん 温かき
山河様12/20
子にとれば選べぬ親のDNA hitomi様12/13
焼き芋屋 灯油屋の声 冬が来た
山河様12/06
母の愛 我が子守りし 北風に 金子大吉様12/06
初孫の むつき(オムツのこと)の匂い かぐわしい とんとん様12/02
ひさしぶり パソコンさんに onoさんに
もうそんな あしたはついたち しわすです
どしゃぶり 冬しょうぐんよ どこいった
いっちゃん様12/01
忘れえぬ 昔の味の 印度リンゴ 山河様11/28
切る度に 蜜の多さに 叫ぶ子ら あみあつママ11/21
神様も インターネットで 探す世に 金子大吉様11/19
人が食べ おいしいりんごは 猿も知る 金子大吉様11/18
割って見る 蜜が詰まった ふじの味 金子大吉様11/14
もみがらが 隠したりんご 探し出し 藍様11/3
星空に 響く音色や 薔薇の園 金子大吉様10/21
免許証の 更新写真 変な顔
山河様10/20
うすももの ハイビスカスが 今も咲く
山河様10/18
秋深し 夜とお腹が 伸びてゆく 金子大吉様10/14
秋まつり 親孝行を お助けし 金子大吉様10/8
台風が 晩秋連れて 置いて行く
秋空や 真っ赤なりんごが よく似合う
金子大吉様9/24
プロ選手 似合うはやはり ユニホーム 金子大吉様9/17
運動会 日焼けで応援 炎天下 金子大吉様9/16
等外を身につまされて五つ買い ジョンのおばちゃん9/11
字の下手さ 総裁候補も 我が同士 金子大吉様9/10
愛娘(まなむすめ) 父が夢見る ミスりんご 金子大吉様9/8
本に載り ユニーク農園 客を呼ぶ 金子大吉様9/4
アツアツに 塩焼きされた 鮎が来た
くまん蜂 庭の花に来 蜜吸いに
山河様9/3
昼食は 冷めんすると 決めている 山河様9/1
蛸飯の 器でイネが 首(こうべ)下げ
ジョンのおばちゃん9/1
じっとしても 汗がふき出る 残暑かな 山河様8/27
年1度 福祉や愛を 言うテレビ umineko様8/25
外に出て 陽を浴び背中 痛いほど 山河様8/23
甲子園 決勝の壁 高かりし 暑き涙が 流れる頬よ 金子大吉様8/23
草抜きし 汗いっぱいかき 心地よし
山河様8/21
今朝もまた 雲が動かず 日を隠し 金子大吉様8/20
自家製の バナナアイスは 滋養あり
山河様8/20
東京も 風が冷たい 扇風機
ラベンダー 写真に残る 記念品
金子大吉様8/18
街静か我が身責めてる盆の日々 ジョンのおばちゃん8/16
立秋過ぎ 暦の上に 秋が来た
母はただ 働くために 生きた人    盆の入り
山河様8/13
まだ早い 落ちちゃならぬと しがみつき umineko様8/10
花園に 埋もれし娘の モデルかな 金子大吉様8/8
赤城山 伏流水で 育つ牛 山河様8/8
大阪は ヒートアイランド 逃げたいな
山河様8/7
晴れ舞台 親とは別の 道歩む 我が子の成長 父涙かな 金子大吉様8/6
深い闇 心に潜む 未知の顔 ami様8/5
照り付ける 暑さにたまらず コンビニへ 金子大吉様8/5
失業後 夫十月ぶり 流す汗
更年期 急に汗出る 足冷える
お題「汗」山河様8/3
子は育ち 並んで気付く 背の高さ 
当らない 翡翠拾いと 宝くじ 
金子大吉様8/1
図書館の 席取り並ぶ 夏休み 金子大吉様7/28
早朝の セミ鳴く声で 目を覚まし
山河様7/24
潮騒が 耳に届かぬ 群馬県 ラマ様7/24
ユニクロで 初めて買物 かご満ちる 金子大吉様7/23
通信簿 評価きついと 言い訳し 金子大吉様7/22
ソーメンの 美味しい時期と なりにけり 山河様7/19
久々に 川柳つくり ハガキだす
山河様7/18
紀州梅 クエン酸入り 果汁飲む
山河様7/17
梅雨寒の 日照不足で 野菜減る 山河様7/15
振り向けば 笑む乙女の 愛読者 
雨上がり 群馬より来る キャベツかな
山河様7/14
信州の りんごの菓子も 美味しかった 山河様7/12
一言で 子の心知る 母心 金子大吉様7/10
冷スイカ 甘くて凉し 産地見ず
姉からは 子供の好きな ハム来たり
山河様7/10
滝見つつ ちょっぴり涼しさ 頂戴す
合歓の花 ピンクの優し 花のよう
山河様7/8
よく冷えた フルーツワイン 少し飲み
山河様7/7
この暑さ もうバテ気味の 更年期
山河様7/6
棚出来て 果実に見立て 星を見る 柴崎政利様7/6
ラベンダー 行って見たいなあ 富良野へと 山河様7/4
百均の い草の寝ゴザ 心地よし 金子大吉山河様7/3様7/
花と肌 きれいにいられる 手入れかな
裏方の 仕事がきれいを 維持してる/
金子大吉様7/3
俳句と詩 好きな人いる それは姉 山河様7/2
芸能人 見る人ありて 金になり 金子大吉様7/2
花満開 蜂・人集める ラベンダー 
モデルにと 娘に頼む 父の腕
金子大吉様7/1
赤飯と 煮豆友から おすそ分け
写真から ラベンダの香が してきそう
山河様7/1
どこの田も 田植えを終えて カエル鳴く 山河様6/30
昼ごはん 野菜たっぷりの 焼き飯に
山河様6/29
食べたいな 鮎の塩焼き いまだ来ず 螢草様 6/28
いつまでも 子供と思うは 親ばかり
気がつけば 親を見下ろす 子の成長
金子大吉様6/27
いじわるな 雷雨がスポーツ 邪魔をする 金子大吉様6/26
青い実や 立派に育てと 願うのみ
せつなき世 夜中に盗む さくらんぼ
螢草様 6/24
緑茶より 麦茶美味しい 季節かな
鮎釣りの おこぼれ待ってる 食いしんぼ
螢草様 6/23
暗闇に 消えては光る 蛍かな
螢草様 6/19
さくらんぼ 真っ赤に熟れたね 美味しそう
螢草様 6/18
りんご園 雉の子育て のどかなり
りんごの実 寒暖に耐え 秋を待つ
寝込んだら りんごをすりて 子の口に
螢草様 6/17
雉の子ら 生家となりし りんご園 金子大吉様6/17
開花して 香りを放つ 白百合や
初物の びわの実甘く 熊本産
螢草様 6/13
花言葉嘆く紫陽花 梅雨の入り はしひめ様6/13
野茨の 可憐な白の なつかしき
螢草様 6/11
右手に携帯 左手にタバコ 歩く姿はおやじかな 金子大吉様6/11
青き実も 秋には赤い ほっぺかな  金子大吉様6/2
トップページ 反応したら 歳ばれた 螢草様 5/20
花咲いて 受粉終えたら 可愛い実 螢草様 5/17
春秋と 気高く咲きし 薔薇サイト 螢草様 5/16
五月晴れ りんご花咲き 子も育ち 金子大吉様5/9
ゆうゆうと 仲良く泳ぐ アヒル二羽
八重桜 散りて歩道を ももに染め
五月晴れ これから咲きし 花選ぶ
螢草様 5/8
白く染め りんごの花咲く 立夏かな 金子大吉様5/6
りんごむき 皮まで食べた 終戦後 螢草様 5/6
たんぽぽの 綿毛いまにも 旅支度 螢草様 5/5
ウグイスの求愛耳に夜が明ける
mami様 5/1
軒下の朽ちかけた宿主待つ
mami様 4/30
来ぬ風を背伸びしながら待つ馬簾
mami様 4/27
先輩に道を譲るのが剪定 ラマさま 4/25
芸能人 普段の顔は ただの人 金子大吉様4/22
帰宅した 父を出迎え ポチ一人
りんごの木 ニュートン見れば 大発見
金子大吉様4/19
夏が来て ツツジあわてて 咲く東京 金子大吉様4/18
花散りし 桜の木々に 若芽吹く 金子大吉様4/15
新人を 上司が指導の 4月かな 金子大吉様4/11
雨風に 耐えし花びら 輝きぬ
日々楽し 友人一緒の 新クラス
金子大吉様4/9
足元を 流るる桜 雨に散る 金子大吉様4/5
眠れない夜は羊と戯れる mami様 4/5
巣立ちする 園児の成長 母なみだ
足元に 春を運んで クロッカス
金子大吉様3/27
卒業式 涙でくもる 子の成長
我が子詠み スポニチ掲載 家宝なり
金子大吉様3/25
連休は 作戦会議 して過ごす ラマさま 3/22
福寿草 春を知らせに 咲きました 金子大吉様3/19
ここへきて足踏みばかりしてる春 mami様 3/16
      朝起きて うろうろしてる 休刊日 とんとん様3/10
      春一番 通過後寒風 やってきた 金子大吉様3/5
     梅の花 香りと春を 運びけり 金子大吉様2/27
    梅咲けば マスクが増えるよ 花粉症 金子大吉様2/24
    子に分数 教えるために 切るりんご オセッカイさま2/17
   ボールチョコ もらってパパも おおはしゃぎ とんとん様2/14
     日本一 天狗も飲みたや ジュースかな 金子大吉様2/12
       お供えを 5秒で下げる 墓参り ジョンのおばちゃん2/7
      胃の強さ りんごが胃壁 守ってる とんとんさま 1/28
     雨あがる 今日も元気だ りんご剥く ジョンのおばちゃん1/27
     箱で買い 最後にジャムに なるりんご オセッカイさま1/26
     雪の中 りんごしている りんごっ子
ジョンのおばちゃん1/26
     おしろいに 紅をさしさし りんごっ子 ラマ様 1/19
      箱入りを 買ったりんごで 冬ごもり ジョンのおばちゃん1/17
       蜜林檎 旬は短し 蜜の味 欠食児様1/11
 訳ありを つい買っちゃう オーサカもん
   訳ありの りんごの味に 訳もなく
   訳ありと 書かれたりんご いじらしく
ジョンのおばちゃん
様 1/9
     正月に幸せはこぶジャムの香よ   2003 Hitomi様   1/2
       お飾りに りんご加えて お正月 園主     12/31
       リンゴ好き 江刺にまけない 群馬産
     背中の子 赤いほっぺは リンゴのよう
ボギー様   12/22
     着物脱ぎ 見つめられては ほほそまる
    ぼけたって かわごとワインと 煮ちゃうまい
きみちゃん様   12/21
   クリスマス 林檎のツリーは 何故無いの 欠食児様  12/20
    りんごがり 雪の中にて 光ってる  11月に大雪
きみちゃん様  12/20
   健康の助けになれや我がりんご
   りんごむくふるさと便り母の顔
GONSUKE様   12/18
   リンゴ大好きわがやのこども
   りんごを食べて元気ないちにち
   リンゴの中に蜜っこちゃん
   こりゃ便利 むだなくおいしくアップルカッター
きみちゃん様   12/18
   大福を 食べれば紅玉 恋の味 (りんご大福食べて) 金子様       12/18
    年の暮れ お酒飲む前 梅食べよ okada 様     12/18
   甘柿が 干し柿になる 当たり年 ジョンのおばちゃん様12/18
    園主なら りんごの気持ち わかるはず ラマ様     12/18
   クリスマス サンタのお土産 アップルパイ  金子様    12/17
   りんご食べ 梨の味して 目が覚めた   ラマ様    12/14
   林檎食べ 一人で過ごす クリスマス 欠食児様  12/14
   酒飲みも リンゴ食べれば シャキッとし  金子様    12/13
   朝食の ご飯の友は カオルの梅 okada様   12/13
   年の瀬に 家族と食べる 蜜りんご 
   かみさんに 内緒で食べる 蜜りんご  
ハーベルハート様12/13
   林檎の字 何度書いても 覚えない    ラマ様  12/12
   ああリンゴ 毎日食べては 便秘せず
   朝食も 夜食もおいしき リンゴかな
2002
 金子様  12/12

早稲田神田川川柳 (金子様提供)

酒飲んで クシャミがでたら もう帰ろう
人は人 己を磨け 早大生
年寄りの 出る幕ばかり 町行事
梅雨の空 天が酒飲み 泣き上戸
ペイオフで 悩んで見たい この俺も


TOP

*iphone アプリ 開発
*ラティース ラティッセ