過去ログ81-100

[ 過去ログ TOP ]

口の両端が切れる
ここ、2ヶ月ほど、口の両端が切れては治り、 治っては切れるの繰り返しです。 病院へ行った方が、よいでしょうか。 行くとすれば、何科でしょうか?


口角炎といいます。 乾燥した季節になりやすく治りにくいものです。 リップクリームを乾燥を防ぐように 1日何回もつけていれば治ります。 治らなかった場合に受診する科は まずは内科でしょう。


emori先生、ありがとうございました。 リップクリームを塗ったところ、 あっという間に、治りました。 2ヶ月も、悩まされていたのが、 嘘のようです!

食道の痛みについて
飲み物や食べ物を口に入れたときに鈍痛ですが、食道若しくは胃の背中側の方に痛みを感じます。 因みに1ヶ月ほど前に胃カメラを飲んだのですが、それからだと思うのですが。宜しくお願い致します。


個別相談のほうでお返事しました。

のどが痛いんです
1週間前より、のどが赤くはれ病院にてメイアクト、カンファタニン、コフノール錠トーワチーム顆粒をださ れました。でも、全く良くならないため先生に薬の変更 をお願いしたのですがこれでよい、といわれました。 いつも、クラリスでせきなどなおるのです。のどが痛く とても、つらいです。先生ならどんな薬を、だされます か。


○薬の説明 カンファタニン(別名ロキソニン)→プロピオン系消炎鎮痛剤 コフノール(別名ムコソルバン)→気道潤滑去痰剤 メイアクト→セフェム系抗生物質

○解説 急性の上気道炎(咽頭炎や扁桃炎)としての処方と して、おおざっぱにいうと正しい処方ですが、細か く説明しますと、以下の問題があります。

1.コフノールは、肺における界面活性物質(サー ファクタント)の分泌を促進して、痰を滑りやす く、出しやすくする作用であるため、通常、のどが 痛いというような、上気道炎には無意味です。上気道炎の去痰とあれた粘膜の修復には、同じ去痰剤で もムコダインという薬の方が適しています。

2.消炎鎮痛剤は、薬の個性や、患者さん個人の個 性がつよく、なにを用いるか難しいところですが、私の経験では、カンファタニン(別名ロキソニン) は、のどの痛みより、腰痛や関節の痛みに効果があると思います。このため、まゆみさんの症状ならば ブルフェン(市販薬ではイブやナロンエースの主成分)を処方することが多いです。ただし患者さんの 個性もあるので、これが効かないときは、ポンター ルやボルタレンなどがよく使用されます。これらは 胃炎などの副作用がよくあり、効果も強いので、胃 薬を併用してください。また強力な解熱作用のため 小児には使用しないで下さい。インフルエンザ脳症 の小児が使用していたことが多く、薬との関連性が指摘されているのもこのボルタレンとポンタールで す。

3.抗生物質は、ウイルス感染の場合は無意味です が、症状が長く続くと、ほぼ確実に細菌感染を起こ しているので、メイアクトは間違いではないと思い ます。
マクロライド系抗生物質のクラリスは、セ フェム系などの抗生物質が無効であるマイコプラズ マという病原菌によく効きます。しかしマイコプラ ズマによる呼吸器系感染症の症状は、痛みよりも咳 (せき)が特徴ですので、今回はまず不要かと思わ れます。抗生物質は、耐性といって、あなたの細菌 が、その薬の作用を打ち消す力を獲得している場合 もありますので、数日で効果がない場合は、他のも のに変更するのが普通です。

○一般療法 乾燥しているので、気道(鼻やのど、気管支)を乾 燥させないように、こまめに飲水・うがいをしま しょう。マスクも保湿と保温にある程度有効です。
もし喫煙者なら、タバコを休むと早く風邪は治ります。 以上、お返事しました。お大事にしてください。


[ 過去ログ TOP ] [ 次の20件 ]

関越インターネット